続き・トラ技2018/1月号で紹介されてるGPS-SDR-SIMを試す

前回の続きです。

トラ技2018/1月号で紹介されてるGPS-SDR-SIMを試す途中 - takuwz's diary

 

減衰器とDCブロックがミニサーキットヨコハマから届きました。やったぜ。

なので進めていく。(今考えると千石とか秋葉原で売ってそうな気がしてきた。いや探すの大変だしなあ。)

 

bladeRF-cliMacportsでインストール済みだったのだけど、

bladeRF> set frequecy 1575.42M

Error: Command requires FPGA to be loaded

のエラーになってしまう。

 

bladeRF> info

すると

FPGA loaded: none

になっていた。

 

Nuand | bladeRF Software Defined Radio

より、hostedx40-latest.rbfをダウンロードする。

 

https://github.com/Nuand/bladeRF/wiki/Getting-Started:-Verifying-Basic-Device-Operation#loading-the-fpga

より、FPGAfirmwareをloadする。

コマンドライン上か

$ baldeRF-cli -l hostedx40-latest.rbf

$ bladeRF-cli -i

した後のインタラクティブモードで

bladeRF> load fpga hostedx40-latest.rbf

のどちらかのコマンドを実行する。

 

chino@kafu $ baldeRF-cli -L hostedx40-latest.rbf

Writing FPGA to flash for autoloading...

[INFO @ usb.c:498] Erasing 55 blocks starting at block 4

[INFO @ usb.c:503] Erased block 58

[INFO @ usb.c:511] Done erasing 55 blocks

[INFO @ usb.c:705] Writing 1 pages starting at page 1024

[INFO @ usb.c:709] Writign page 1024

[INFO @ usb.c:718] Done writing 1 pages

[INFO @ usb.c:705] Writing 4656 pages stating at page 1025

[INFO @ usb.c:709] Writing page 5680

[INFO @ usb.c:718] Done writing 4656 pages

[INFO @ flash.c:110] Verifying 1 pages, stating at page 1024

[INFO @ usb.c:603] Reading 1 pages starting at page 1024

[INFO @ usb.c:606] Reading page 1024

[INFO @ usb.c:617] Done reading 1024

[INFO @ flash.c:110] Verifying 4656 pages, stating at page 1025

[INFO @ usb.c:603] Reading 4656 pages stating at page 1025

[INFO @ usb.c:606] Reading page 5680

[INFO @ usb.c:617] Done reading 4656 pages

Done.

 

これでもういちど

bladeRF> info

したが

FPGA loaded: none

になっていた。

 

なのでもう一方の、

bladeRF> load fpga hostedx40-latest.rbf

をしたところ、

 

  Loading fpga from hostedx40-latest.rbf...

[INFO @ version_compat.c:125] FPGA version (v0.7.1) is newer than entries in libbladeRF's compatibility table. Please update libbladeRF if problem arise.

  Done.

 

となった。

なので、libbladeRFをupdateする。

Macportsでインストールしたので、

Macportsをupdateする。

MacPortsでインストールしたものを最新版にアップデートする方法 | その他 | DoRuby

より、

chino@kafu $ sudo port selfupdate

したところ、エラーになってしまう。

Error: Current platform "darwin 17" does not match expected platform "darwin 16"

 

OS X El Capitan にアップデートした際に MacPorts を動くようにする - Qiita

と同様のエラーなので、

同じようにMacPortsを再インストールする。

 

chino@kafu $ xcode-select --install

chino@kafu $ sudo xcodebuild -license

 

The MacPorts Project -- Download & Installation

より、対応するMacPortsをインストール。

 

Migration – MacPorts

を参考に進める。

 

chino@kafu $ port -qv installed > myports.txt

chino@kafu $ port echo requested | cut -d ' ' -f 1 > requested.txt

chino@kafu $ sudo port -f uninstall installed

chino@kafu $ sudo rm -rf /opt/local/var/macports/build/*

chino@kafu $ curl --location --remote-name https://github.com/macports/macports-contrib/raw/master/restore_ports/restore_ports.tcl
chino@kafu $ chmod +x restore_ports.tcl
chino@kafu $ sudo ./restore_ports.tcl myports.txt

 

py27-cairoでエラーになる。

Error: Failed to activate py27-cairo: Image error: /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/lib/python2.7/site-packages/cairo/__init__.pyc already exists and does not belong to a registered port. Unable to activate port py27-cairo. Use 'port -f activate py27-cairo' to force the activation.
Error: See /opt/local/var/macports/logs/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_tarballs_ports_python_py-cairo/py27-cairo/main.log for details.

 

関係なさそうなので、とりあえず進める。

chino@kafu $ sudo port unsetrequested installed
chino@kafu $ xargs sudo port setrequested < requested.txt
Error: Registry error: gnuradio not registered as installed.

GPS-SDR-SIMと関係ないけど、GNU Radioを使うために、あとで

$ sudo port install gnuradio

しました。py27-cairoもインストールされた。)

 

あとはトラ技2018/01号通り。(set txvga1 -25は誤植だと思う。)

ハードウェアを接続して、

前回、生成したgpssim.binを使用する。

 

chino@kafu $ bladeRF-cli -i

bladeRF> set frequency 1575.42M

bladeRF> set samplerate 2.6M

bladeRF> set bandwidth 2.5M

bladeRF> set txvga1 -25

bladeRF> tx config file=gpssim.bin format=bin

bladeRF> tx start

 

GPS-SDR-SIM - Software-Defined GPS Signal Simulator - KitPloit - PenTest Tools for your Security Arsenal ☣

> bladeRF-cli -s bladerf.script

でも良いはず。

ublox LEA-4Tを使用してu-centerで測位しました。

 

 

 

ublox LEA-4Tを久々に動かしたので、

ボーレート(9600bpsだった)とか忘れてたり、

Windows10でのハマりポイントで

comポートとして認識されず、

センサとして認識されてしまう件とか、

blog.goo.ne.jp

バイスマーネージャーで

センサー>u-blox GNSS Location Sensorを右クリックして、

ドライバーソフトウェアの更新

コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索を選択、

コンピュータ上のデバイスドライバーの一覧から選択

USBシリアルデバイスを選択

(するとcomポートとして認識できて、

u-centerや他のGNSSソフトでNMEAを受信できる。)

Rawデータが出てたのか文字化けしてて、

NMEAが出てなかったので設定をdefalutに戻したりとかしました。

GPS/GNSS設定方法(u-blox編) - (株)農業情報設計社

5)設定画面の表示

メニューバーの「View->Configuration View (Ctrl+F9)」を選択し、設定画面を表示します。

 (この設定画面のうち、defalutに戻す項目がある。)

 

 

 

 

 

 物理受信機を用意しなくても、BladeRFのtxとrxをつないでgps-sdr-libとgnss-sdrlibでloopback testができる可能性。後で試す。

 

 

 

 

 

 その他、