トラ技2018/1月号で紹介されてるGPS-SDR-SIMを試す途中

目的:

トラ技2018/1月号で紹介されているGPS-SDR-SIMを試す。

 

ログ:

GitHub - osqzss/gps-sdr-sim: Software-Defined GPS Signal Simulator

からソースをフォークして、クローンした。(zipファイルでも良い)

README.md通りに

chino@kafu $gcc gpssim.c -lm -O3 -o gps-sdr-sim

サンプルのbroadcast ephemerisファイル:brdc3540.14nが入っているので

これで実行してみる。

chino@kafu $./gps-sdr-sim -e brdc3540.14n
Using static location mode.
Start time = 2014/12/20,00:00:00 (1823:518400)
Duration = 300.0 [sec]
01 77.0 21.5 23604510.5 16.7
02 279.5 6.4 25449713.8 17.5
03 44.8 40.4 22000418.9 11.0
06 297.9 41.2 21927120.3 10.1
09 147.7 30.1 22779093.5 13.9
10 225.7 32.4 22337674.4 12.3
11 100.6 9.2 24812950.8 23.3
12 327.8 4.2 25283883.6 17.2
17 326.2 83.3 20322465.4 7.4
20 46.7 51.7 21138663.4 9.2
23 108.8 38.0 22415209.7 11.9
28 205.0 26.5 22880816.3 14.2
32 44.2 4.0 25486637.6 24.4
Time into run = 300.0
Done!
Process time = 69.7 [sec]

 gpssim.binが生成された。

 

最新のbroadcast ephemerisファイルをダウンロードする。

ftp://cddis.gsfc.nasa.gov/gnss/data/daily/2017/brdc/

最初、2018のフォルダが最新かと思い、見たら何もなくて焦ったw。

今日的に最新っぽいbrdc3620.17n.Zをダウンロードした。

gunzipで解凍する。

chino@kafu $gunzip brdc3620.17n.Z

同様に、gpssim.binを生成する。

chino@kafu $./gps-sdr-sim -e brdc3620.17n
Using static location mode.
Start time = 2017/12/28,00:00:00 (1981:345600)
Duration = 300.0 [sec]
02 324.2 80.9 20506101.8 1.7
05 298.7 49.7 21255670.2 2.1
06 123.5 57.8 20960862.0 2.1
07 87.5 29.0 23184034.5 3.4
09 44.8 25.9 23135339.9 3.4
13 210.7 27.6 23015353.8 3.3
19 178.5 14.5 24445914.9 4.8
20 274.8 2.0 25556846.4 4.9
29 316.6 17.5 23944137.8 3.4
30 119.6 27.4 23096089.9 3.6
Time into run = 300.0
Done!
Process time = 54.7 [sec]

これからbladeRFをつないで信号を出してGPS受信機で受信と思ったが、

減衰器とDCブロックを持っていない。

GPS信号シミュレータの減衰器 - OSQZSS

減衰器やDCブロックには,価格が手ごろで,性能も良い
Mini-Circuits社の製品をお勧めします.

減衰器としてVAT-30+を2個,DCブロックとしてBLK-89-S+
準備すれば十分です.

より、ミニサーキットヨコハマで注文した。

ミニサーキットヨコハマ|米国Mini-Circuits社 日本正規代理店

VAT-30+ (connecter type SMA) : 2個
BLK-89-S+ (connecter type SMA): 1個

続きは、来年かな。