ポートフォリオっぽいもの

takuwz a.k.a. つくばの友利奈緒ポートフォリオっぽいものです。

 

ぽ仕事ください

彼女と仕事を募集していますので、随時ご連絡ください。

彼女募集の自己アピールとしては、料理好きで掃除好きです。

シェアハウスで腕前を鍛えています。
仕事募集の自己アピールとしては、

プログラミング(C/C++, C#, python, ruby)や回路設計ができます。

何かありましたら、コメントなりtwitterなりご連絡ください。

 

その他、プロフィール等。

 

 

めぼしい履歴
  • 2017年

- SDR(Software Defined Radio)環境構築とFFTの動作確認

技術書典3(10/22(日)@秋葉原UDK)に参加予定です - takuwz's diary

 

- 植物用太陽電池LED点灯装置の量産試作(50個ほど)

f:id:takuwz:20170424071300j:plain

 

- 植物用太陽電池LED点灯装置の試作

f:id:takuwz:20170130090411j:plain

光で天敵を集め、害虫を減らす技術を開発 | 農研機構

  • 2016年

- 適合するコネクタの探索と発注、作成

f:id:takuwz:20160912234803j:plain

回路に型番が書いてなかったので大変でした。

作るのも、細かくて良い経験になりました。

あとArduinoのプログラムの作成もあった気がする。

 

  • 2015年

上半期はハッカソンに参加したり、下半期はギーつくに力を入れてた。

 

  • 2014年

- ベルト型モバイルバッテリー

GUGEN2014無事出展できました - takuwz's diary

 

 

関連リンク

takurx · GitHub

【ギーつく住人ゆる募】つくばの友利奈緒 (@takuzirra) | Twitter

  • hatena blog

takuwz's diary

  • hatena diary(旧ブログ)

あほうどりはどこまでも飛べるか?

  • 微博 (id: takuwb)

https://www.weibo.com/u/6020306082

 

 

スライド類

Presentations by takurx // Speaker Deck

takuss’ Presentations on SlideShare

OCRできたよー(Ubuntu 16.04, Anaconda 5.2.0)

まずはubuntu 16.04でAnacondaの環境構築。

【随時更新】pyenv + Anaconda (Ubuntu 16.04 LTS) で機械学習のPython開発環境をオールインワンで整える  | ALGO GEEKS

上記の環境構築手順のコマンドをそのままコピペで。

Anacondaのバージョンの最新が5.2.0になっていたので、そこだけは変更した。

anaconda-navigatorの起動を確認した。

 

OCRについては下記を。

ml-begin.hatenablog.com

 

$ brew install tesseract

は、brewをインストールするのがめんどくて、

aptで入ることがわかったので、

$ sudo apt install teseract-ocr

で代替した。

qiita.com

 

あとは、参考よりそのままpythonコードをコピペして実行した。

import pytesseract
from PIL import Image

url_img = '20180524231805.png'
img = Image.open(url_img)
text = pytesseract.image_to_string(img, lang="eng")
print(text)

 

実行結果

(base) chino@kafu:~/デスクトップ$ python ocrtest.py
Abcdefg hijklmn

 

f:id:takuwz:20180614221710p:plain

 

すごい簡単できてしまったなあ。環境構築、実行手順の参考リンクも詳しくて、ありがたいなあという感じです。現場からは以上です。

(コード書いてないw。あと日本語。)

 

それとこれ、なんだろう。

distributed 1.21.8 requires msgpack, which is not installed.

 

じゃんけんするwebサービスできたよー

f:id:takuwz:20180527003136p:plain

Rock, Paper, Scissors

phpで書いた。

phpの乱数の作り方とcase文を調べたので、あとは楽勝でしょと思ってたら、

サーバ側のじゃんけん状態とユーザが選んだじゃんけん状態から

組み合わせをわける必要があったことに気づいた。

f:id:takuwz:20180527003334p:plain

というわけで、組み合わせ表を起こした。

見積もりが甘かったでござる。

bitcoinボタンを追加した

f:id:takuwz:20180526163340p:plain

Hello, tomorinao

にbitcoinボタンを追加した。

 

うpする前に、

$php -S localhost:8000

で確認した。

 

スクリプトは下記を参考にした。

https://sourceforge.net/projects/bitcoin-button/

ボタンの画像は下記より。

Bitcoin-chan Project » Accepted/Donate Button

M5Stackユーザーミーティング vol.1 に参加してきた

m5stack.connpass.com

M5Stackユーザーミーティング vol.1 に参加してきました。

ブログ枠なので書きますw。

 

内容もおもしろく参加者が多くて、大盛況でした。

何か作って、次はLTできるようにしたいですね。

 

 

keynote: M5Stack CEO Jimmyさんビデオメッセージ

新しいカラバリとかLEGO互換のM5GOとか新しいGPSモジュールとかPoE対応とか新製品をCEOが生き生きと語ってるの強かったですね。期待がふくらみます。

 PoE対応とか、工場のIoT向けを狙っているっぽいです。

 


主催者LT1: M5Stackまとめ

深圳(シンセン)の華強北(ファーチャンペイ)でM5Stackを売ってた店。

参加者はソフトウェアエンジニアが多くて、半分ぐらいがM5Stackをもう持ってる。

日本からの反応(twitterとか)が多いのもあり、

LEGOの商標の回避とかマリオのプリインスコやめるなど

日本向けにカスタムしてくれてる部分もあるらしい。

twitter.comただ、技適は大変っぽい。無線スタックも待ち遠しいもので。

 

あと、DATALYMPICの宣伝とか。

 

あとM5Stackあるある。

 
LT1: 展示ごとでM5StackをMQTTで複数台連動させた

 

LT2: こどもにやさしいM5Stack

M5Stackは、形状がかわいくて、

外装がちゃんとしててあぶなくないので、こどもやさしい。

顔があってしゃべるM5Stack

GitHub - meganetaaan/m5stack-avator: An M5Stack library for rendering avatar faces

こどもに時計としてつけさせて、

迷子になったときに喋らせる。

GoogleHomeの方がいうことを聞くとかw

 

また、#m5creativity2018に応募しているとのことで。

 

GoogleHomeの方がいうことを聞くとか顔があった方が良いとか

こども用のおもちゃをハックされた時の危険性は

思ってた以上に危ないのかもしれず。

違法スパイ装置と見なされたIoT人形「ケイラ」とは?(前編) - THE ZERO/ONE

 

LT3: M5Stack用シャトルランライブラリの話

M5Stackのドレミファソラシドの周波数が微妙に違う。

ドレミファソラシドができたので、シャトルランにしてみたw

世代によってはシャトルランが通じないらしい。

 

LT4: M5Cloudを使ってみた

M5Cloud: micro pythonのWeb IDE

 

月刊I/Oの今月(2018/05)号にM5Stackの記事が載るらしい。

http://www.kohgakusha.co.jp/io/

 

M5Stack沼。M5Stackは仲間を呼ぶらしい。

 

LT5: M5Stackで音響測定器を作った話

M5Stackでもリアルタイムでフーリエ変換できてすごい。

 

LT6: THETAのライブビューも表示するリモコン作成にトライしてみた

M5Stackのデータ受信能力が低くて、コマ落ちしてた。

 
LT7: M5Stack用NFCリーダー(一体型)を作った

支持棒は3Dプリンタで作ったらしい。

図書館の本のNFC、レジのNFCNFCで画像を表示する知育アプリのデモが良くて、使い方の例が具体的だった。

 

主催者LT2: M5Stack情報


その他: 交流会等

 

LTはなかったけど、交流会でいろいろ展示されてたりもした。

 

おしゃれビルでした。

 

MacでPHPを動かす

qiita.com

$sudo apachectl start

/etc/apache2/にあるhttpd.confを開く。

#LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.so
のコメントを外す。

$sudo apachectl restart

phpファイルを/library/Webserver/documents/に保存する。

したら、phpファイルの動作確認できた。

 たびたび、/library/Webserver/documents/に保存するのはめどい

 

 

 

qiita.com

同様かと思ったが、新しい方のPHP

phpのサーバのルートディレクトリとしたいディレクトリに移動します。

$ php -S localhost:8000

といれると内蔵サーバが起動します。

ブラウザに

localhost:8000

で動作するらしい。

 

ディレクトリインデックスの表示/非表示の設定(Ubuntu 16.04, apache2の場合)

ドメインを取得するのにともない、

ディレクトリインデックスが見えるかどうか、気になった。

 

Apache2.4セキュリティ「ディレクトリ一覧表示対策」

使用しているUbuntu 16.04には、

/etc/httpd/httpd.conf

がなかった。

 

d.hatena.ne.jp

ディレクトリインデックスの設定は

/etc/apache2/apache2.conf

で設定していた。

しかし、webファイルの場所が

/var/www

に設定されていた。

実際、表示されているのは

/var/www/html

以下のindex.htmlであるのに。

 

index.htmlの場所が

/var/www/html

になっているのは、

/etc/apache2/sites-available/000-default.conf

でDocumentRootに設定していた。